Make my life

【ズボラ女子がシンプルライフを目指すブログ】断捨離してモノを減らすだけではなく、精神的なことや行動もムダを省きたい。

ドラマ『ブラックペアン』の渡海先生に憧れるミニマリスト。

 

ドラマ『ブラックペアン』が面白いです!

f:id:anzu_apricot:20180512200904j:image

 

あらすじはこちら↓

原作は海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)。
二宮が演じるのは、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海 征司郎。大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される、通称“オペ室の悪魔”。そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか? この技術導入に裏はないのか…? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。
そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマだ。

※公式サイトより引用させていただきました。

日曜劇場『ブラックペアン』|TBSテレビ

 

f:id:anzu_apricot:20180512200926j:image

 

私は嵐の二宮和也さん演じる渡海先生のような人に昔からすごく憧れていました。

 

渡海先生についてはこちら↓

東城大学医学部付属病院総合外科学教室(通称・佐伯外科)のヒラ医局員だが、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医。腕のない医師を忌み嫌っていて、傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。「患者を生かし、医者を殺す」と評されることから、通称“オペ室の悪魔”。手術にはなぜか執刀医ではなくいつも助手として入るが、局内では数少ない心臓手術の執刀経験者。

※公式サイトより引用させていただきました。

 

私は原作も読んでいないし、ドラマも2話と3話までしかまだ観ていません。(第1話は見逃しました 笑)原作の結末も知らないし、ここから先どのような展開になるのか一切分かりません。なので2話と3話だけを観ただけの意見です。

 

f:id:anzu_apricot:20180512200946j:image

 

私が渡海先生に憧れる要素①

『確かな(医療に関する)知識と技術』

私がシンプルライフを目指す理由の一つとして、モノに執着したくないというのがあります。

今もし家が火事になって全てが燃えても、自分の力で生き延びる術、立ち直る力がほしいです。知識や技術は何者にも奪われません。自分の身一つで生きていける強さがほしいとずっと思っていました。

 

渡海先生はそんな強さをもっていると思います。

 

 

私が渡海先生に憧れる要素②

『人間関係に囚われない』

大学病院で出世や論文やなんやで色んな人間関係のしがらみがありそうですが、渡海先生は自分のやるべきことだけを見据えてそれを全うしているだけ。

 

周りの目を気にすることも、目上の人に媚びることもありません。

それはきっと①で書いた『確かな医療に関する知識や技術という強みがあるから』というのもあるのかなと。

 

私が渡海先生に憧れる要素③

『持たない暮らし』

これは私の勝手な想像ですが(笑)

渡海先生って家あるんですか?家に帰っているところを見たことないのですが…(私が見逃しただけなのか、まだそういった描写がないだけなのか?)

いつも宿直室?で寝て食べて生活してますよね。

 

シンプルライフを目指す私は、渡海先生こそ究極のミニマリストではないかなと、そういう目線で観ていました(笑)