Make my life

【ズボラ女子がシンプルライフを目指すブログ】断捨離してモノを減らすだけではなく、精神的なことや行動もムダを省きたい。

断捨離をするようになってからのファッションへの考え方の変化。

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

1週間以上もブログ放置しちゃってました〜〜。

なんだか今週はダメダメな1週間で(ん?いつもじゃ…?)全然やる気の出ない日々でした。

 

f:id:anzu_apricot:20170909124034j:image

 

北海道はすっかり秋なんですが、私は秋冬のファッションが大好きで、買い物に行きたくてうずうずしています。

 

そこで今回は断捨離をするようになってからのファッションへの考え方の変化についてお話ししたいと思います。

 

まず最初に断捨離する前の考え方は

「とにかく服がたくさん欲しい!!」と思っていました。

たくさん服があればオシャレになれると思っていたのだと思います。

 

だけど、たくさん服を持っている、とオシャレはイコールではないということに気が付きました。

 

着こなし方が大事なのはもちろん、服を着る本人の外見(体型や肌や髪の毛など)、自分に自信をもつという内面的なことも大切。

 

いくらたくさん服を持っていても、肌がボロボロ、髪の毛がボサボサだったらオシャレになんか見えません。

 

服を工夫するのではなく、気合を入れたオシャレをしなくても『シンプルな服をサラリと着こなせるような魅力的な人になりたい』と思うようになりました。

 

それから断捨離にハマり、断捨離をするようになってから思ったことは、『服を買うときは永く着れるかどうかを基準にして買い物したい』ということ。

 

f:id:anzu_apricot:20170909124054j:image

 

だけど今、服の断捨離を終えて思ったことは、『アウターや靴、バッグは上質な良いものを永く使いたい。服は1シーズンで着倒したいからなるべく安く手に入れたい。』ということ。

 

上記の通り、アウターや靴、バッグは上質な良いものを、お手入れしながら一生使っていきたいと思っています。(なるべく飽きがこなくて、20代の今も40代になった将来も使えるもの)

 

服に関しては永く着るより、シーズンの始まりに購入して、そのシーズンが終わる頃にはボロボロになるくらい(ボロボロとまではいかなくても使用感たっぷりになるくらい笑)元が取れたと思うくらいたくさん着たいと思っています。

 

20代前半〜半ばの頃はブランドにこだわって、◯◯の服が欲しいって思って、プチプラブランドをどこかバカにしたような気持ちも正直ありました。

 

だけど今は、服に関してはブランドは全く気にしません。安くても、どこのプチプラブランドでも、可愛いと思えばそれでOKです。(寧ろプチプラ万歳!!)自分が気に入ればそれでいい、と思うようになりました。

 

私はメルカリを利用していますが正直面倒な部分もあるので、メルカリで売るより、自分でたくさん着て、もう売れないってくらい着倒して処分するのが理想的。その方が罪悪感もないし、達成感があります。

 

服を永く着るとなると、買い物する楽しみもなくなってしまいますからね。ミニマリスト=買い物しない、ではないです。

 

モノの循環が大切で、1つ買ったら1つ手放す(もしくは1つ手放したら1つ買う)という、循環が大事。

絶賛断捨離中で「もっとモノを減らしたい!」という方は1つ買ったら2〜3個手放すくらいでもOK。私も断捨離したばかりの頃はそんな感じでした。