Make my life

【ズボラ女子がシンプルライフを目指すブログ】断捨離してモノを減らすだけではなく、精神的なことや行動もムダを省きたい。

夏はベビーパウダーが手放せない!!

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

ご無沙汰しております!

1週間ぶりの更新となってしまいました。

なぜこんなに更新が空いてしまったのかというと、暑すぎてやる気が起きなかったからです(←正直 笑)

 

その後は雨で気温が下がって過ごしやすい日もあり、「よし!今日はブログ更新しよう!!」と意気込んでPCと向かい合いブログを書いていたら、記事が消えてしまいやる気がなくなってしまいました。

 

しかも!『記事作成途中で記事が消えてしまった』というのは以前にもあったことなので、その時に今後は小まめに下書き保存するようにしよう!ということで、それからずっと記事を小まめに保存するようにしてたのに、今回は保存しようとした瞬間に記事が消えてしまいました(涙)

 

そんなこんなでブログ更新が空いてしまった訳ですが、またぼちぼち書いていきますのでよろしくお願いします!

 

今回は暑い日が続いていた時に手放せなかったベビーパウダーについて書きます。

 

ベビーパウダーといえば、数年前に流行りましたが、私もその時の流行にのってベビーパウダーを使い始め、そのまま今でも愛用しています。

 

 

私のベビーパウダーの使い方

 

ベビーパウダーが流行った時、ベビーパウダー洗顔など様々な活用方法がネットに出ていました。私もそれらを参考に試してみましたが、今ではオーソドックスな使い方をしているだけです。

 

お風呂上がりに身体にベビーパウダーを付けたり、固形ベビーパウダーをフェイスパウダーとして使う、という使い方です。固形ベビーパウダーというのはファンデーションのように固められたもので、粉が飛び散らないので使いやすいです。

 

身体につければ、汗による痒みや汗疹を予防したり、軽減させることができます。

またベビーパウダーは皮脂を吸収する作用があるので、フェイスパウダー代わりにしようして、顔のテカリを予防しています。但し塗りすぎると顔が真っ白になって浮いてしまうので要注意です!

 

f:id:anzu_apricot:20170721145714j:image

ちなみに私が使用しているのはピジョンのも。

 

 

 

ベビーパウダーが流行った当初、ベビーパウダーは赤ちゃんにも使用できるもので、刺激が少なくて安心。』と言われている一方で、デメリットもネットで見かけるようになりました。

私がネットで主に見かけたベビーパウダーのデメリットは

・乾燥する

・粒子が細かいので毛穴に詰まったり、呼吸器系のトラブルになる

発がん性物質(タルク)が含まれている

以上の3点のデメリットについて見かけることが多いように思います。

 

この3点についてさらに調べてみました。

・乾燥する

皮脂を吸収してくれるベビーパウダーはファンデーションの代わりや、フェイスパウダーとして使用するとテカリを抑えてくれます。しかしベビーパウダーには保湿成分が十分に配合されていないため、乾燥肌の方がつけすぎると乾燥が悪化しやすくなり、ニキビに繋がってしまうそう。

私は脂性+乾燥の混合肌で、乾燥もするし脂っぽくなってテカる、という厄介な肌質なんですが、夏場毎日のようにフェイスパウダー代わりにベビーパウダーを使用していたら、肌が乾燥してしまったことがあります。

しかし正しい使い方をすれば対策出来るそうです。

保湿力のある下地をつけるのと、ベビーパウダーをつけすぎないことです。

 

・粒子が細かいので毛穴に詰まったり、呼吸器系のトラブルになる

 毛穴に関しては、肌に直接塗らず化粧水などをつけてから、乾いた肌に薄く少量塗るという適切な使い方をすれば問題ないようです。落とす時はしっかり洗顔すれば大丈夫です。

呼吸器系のトラブルについては、大量に体の中に入らなければ問題ないようです。

 

発がん性物質(タルク)が含まれている

タルクとはベビーパウダーの主成分で、ファンデーションや化粧品の中にもよく含まれている成分だそうです。

 

1980年代にベビーパウダーからアスベストが検出され、「タルクは害だ!」などと言われるようになったようです。

しかしタルクに関する品質検査がかなり厳しくなったそうで、今は厚生労働省が定めた検査項目をクリアしないと販売出来ないようになっています。なので国産のベビーパウダーは大丈夫だと思います。(輸入品などに関しては注意した方が良いと思いますが)

 

◆◆◆

 

ベビーパウダーに限らずどんなものにもメリットデメリットはあります。なので1つの情報だけを鵜呑みにしないで自分で色々調べて情報の取捨選択をすることが大事。

効果を求めるあまり、1度に大量に使用したりなどの間違えた使い方も危険です。

正しい使い方をすることも大事です。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村