Make my life

【ズボラ女子がシンプルライフを目指すブログ】断捨離してモノを減らすだけではなく、精神的なことや行動もムダを省きたい。

【親子の関係】過去を乗り越える。

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

今回はちょっといつもと違うブログになってしまいます。

別にブログに書かなくても、自分の中だけでどうにかすれば良いのではないかとも思いましたが、このブログはシンプルライフを目指すブログ」で、シンプルライフというのはモノを減らしてシンプルに暮らすというだけではなく、面倒なしがらみなども取り除いて生きていきたい、という意味も私は込めています。なのでこのブログに私の心の葛藤を乗り越える(まだ乗り越えられた訳ではないけど)記録をしていこうと思いました。

 

私が今抱えている悩みというのが、『今上手くいかないことを全て親のせいにしていること』です。

ということで今回はなぜ今上手くいかないことを親のせいにしてしまうのか、ということを掘り下げて考えていこうと思います。

 

親と私の関係

 

まず最初に私と親の関係性についてお話したいと思います。

私の家族は父、母、私、弟の4人家族で、今は私も弟も実家を離れ、実家では父と母が二人で暮らしています。

 

最初に書いておきますが、私は親のことが憎いとか恨んでいるということではありません。育ててくれたことには感謝をしているし、楽しい思い出もたくさんあります。ただウマが合わないというか、多分親子じゃなかったら仲良くできなかっただろうなと思います。

 

私は子供の頃から親(特に母)の人間性があまり好きではなく、「こんな人間にはなりたくない」とずっと思いながら育ちました。

母は几帳面を通り越して神経質な性格で、人にも自分にも厳しい人です。一方私は父に似てズボラでぼんやりとしたタイプ。そんな私を見て母はイライラし、私はカリカリする母がイヤでした

 

学生の頃はとにかく母が嫌で仕方なく、早く家を出たいと思っていたし、家を出た後は連絡先を変えて縁を切りたいとすら思っていました。

 

ただ実際には縁を切ってはいません。実家に居た頃は近すぎて良くなかったのだと思います。実家に帰ると一緒に買い物に行ったり、出かけたりと友達のような関係でもありますが、やはり私と母はウマが合わないのか、長時間(または長期間)一緒にいるとお互いにイライラしてしまいます。たまに実家に帰って会う、というのが私たち親子の丁度良い距離感なのだと思います。

 

 

何が心の引っかかりとなっているのか

 

適度な距離感でいれば良いと学んだ今、いったい何が心の引っかかりになっているのかというと、『今上手くいかないことを全て親のせいにしてしまっていること』。

 

こういう考え方をしてしまうのは、親がこんな思考だったせいだ。

親があれこれ口出してきたから、自分で何も出来ない大人になってしまったんだ。

親が過干渉だったから、行動できない人になってしまったんだ。

など、上手くいかない、出来ない自分を正当化したいためなのか、親のせいにしてしまうようになりました。

 

特に最近は、子供の頃から「あんな人間にはなりたくない」と思っていた母に自分が似てきたということを、実感するようになってから、子供の頃の親への想いや親の人間性についてより一層考えるようになりました。

 

 

母に似てきた自分

 

自分が母に似てきたなと実感するようになったのはこの3~4年でしょうか?

彼といる時が一番自分の素を出せていて、しかも彼とケンカや言い争いになった時に一番『母と似ている自分』を実感します。

 

そしてそんな時彼は「なんでそんな言い方をするのか」「なんでそんな考え方をするのか」ということを言うのですが、その時の彼の言葉は子供の頃私が母に対して思っていることや、その時はどう表現したら良いのか分からなかったけれど、あぁ私が思っていたことはこういうことだったんだ、と思うのです。(彼は知識や語彙が豊富で、私は知識も語彙力も乏しいから彼の言葉で自分が思っていたことに気が付くことが多いです。)

 

彼からの言葉だけでなく、ケンカや言い争いをしながら、自分の発する言葉や言い分、口調などが、母に似ていると実感しています。

 

親のせいにするのはもう止めたい

 

今上手くいかないこと、出来ないこと、確かに親のせいな部分もあると思います。

だけど大人になって色んな人と出会い、色んな経験をしてきた中で、自分で学んで自分で乗り越えていくことは出来たはず。

親の管理下にある学生ならまだしも、私はもう20代後半のアラサー。いつまでも上手くいかないことを親のせいにはしていられない。

ということで、過去を見つめ直して、乗り越えて、今後の人生を自分で生きていきたいと思います。

 

親の何が今引っかかっているのか、これから何回かに渡って過去を掘り下げていきます。

過去やトラウマ、自分を掘り下げるのはすごく精神的に苦痛な作業なので、不定期シリーズとなります。

 

併せて読んでいただきたい記事↓

anzu-apricot.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村