Make my life

【ズボラ女子がシンプルライフを目指すブログ】断捨離してモノを減らすだけではなく、精神的なことや行動もムダを省きたい。

断捨離における禁断の行為。

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

断捨離して結構部屋がスッキリしてきたけれど、まだまだ減らせそうだし、もっとスッキリさせたい。断捨離にハマると、この快感が分かっていただけると思います(笑)

 

今回は断捨離における禁断の行為について記事を書こうと思います。

 

断捨離における禁断の行為

 

●実家へモノを持っていく。

捨てることが出来ない、家に入りきらない、という理由から実家へモノを持っていく(または送る)のはNG行為。

実家は物置ではないし、自分の家に入りきらないほどモノを持つべきではないと思います。

 

今私は実家のモノを減らしたくて、手始めに実家にいた頃の私の部屋を、実家に帰るたびに少しずつ断捨離しています。(実家は汚屋敷ではありませんが、モノは多いと思う)

 

●家族や彼氏など同居人のモノを勝手に捨てる。

他人から見ると要らないモノでも持ち主にとっては大切なモノかもしれません。処分したくなる気持ちは分かりますが、私は確認してから処分するようにしています。

但し本人も持っていることすら忘れているモノ、捨てても問題なさそうなモノに関しては、こっそり捨てています。この辺の判断は相手との関係や相手によって変わってくると思うので、各自自己責任でお願いいたします(笑)私は今のところこっそり捨てたものに関してトラブルはありません。

 

絶対に手を出してはいけないのが趣味に関するもの。男性だとコレクター気質の方が多いといいますが、私の彼はコレクター気質ではないのですが、大のゲーム好きでゲーム機やソフト、ゲーム関連本などかたくさんあります。

減らして欲しいという気持ちはありますが、そこに関しては口を出さないようにしています。

 

●これまでの生活習慣を変えてしまうようなことを勝手にしない。

断捨離に限らず今までの生活習慣を変えるようなこと、新しいことを習慣にしたい時は勝手に進めないで、協力を得られるように話をします。

 

例えばお風呂のシャンプーなどずっとお風呂場に置いていたのを、お風呂入るときに持ち込んで、上がる時に持ち出すというスタイルに変えた時も、最初は面倒がりつつもちゃんとやってくれています。

たまに忘れる時もあるけれど。そういう時は「置きっ放しになってたよ〜」と軽く言うようにしてます。キツく言うと反感を買ってしまうし、機嫌を損ねられたら大変なので。そして次何か新しいことをするときに協力を得られやすいように(笑)

 

超ズボラな彼にとって(もちろん自分にとっても)あまりハードルが高くならないように、難しくないことを選んだり、難しくならないように工夫したりしています。

 

●処分すると決めたモノに情けはかけない。

処分すると決めた本を最後に読んだら、捨てられなくなった経験があります。

なので処分すると決めたモノは即ゴミ箱orリサイクルショップへ!!

 

 f:id:anzu_apricot:20170524122905j:image

 

みんなにとって心地よい家

 

断捨離やシンプルライフを目指していて思ったことは、住んでいる人みんなが心地よい家であることが一番大切だということ。

 

私も「部屋をスッキリさせたい!」という気持ちが強く、断捨離のことばかり考えて、一緒に暮らしている彼のことを全然考えていなかったことがあります。しかもそれが原因でケンカになったこともあります。

 

私が断捨離をしてシンプルライフを目指したのは、『好きなものだけに囲まれた居心地の良い空間を作りたい、過ごしやすい部屋にしたい』と思ったから。なのに居心地の良い過ごしやすい部屋を作るはずが、その過程で相手にストレスを与えたり、それがきっかけでケンカをしてお互いに嫌な気持ちになるのは本末転倒ですよね。

 

だから断捨離もシンプルライフを目指すのも、それぞれの家庭や家のやり方があると思います。私は私や彼にとって居心地の良い部屋作りを目指します。ズボラ女子と超ズボラ男子で中々思うようにはいかないけれど(笑)

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村