読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make my life

ズボラ女子あんずが素敵女子になるためにアレコレ奮闘する記録。

メルカリとリサイクルショップの使い分け。

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

CMもやっているので知っている人が多いと思いますが、フリマアプリ最大手のメルカリ

断捨離する人の強い味方です(笑)

私もメルカリを始めてもうそろそろ2年です。


元々の値段が安めの商品ばかり販売しているので、ほとんどを低めの価格設定で出品していますが、それでも売り上げがあるのはとても嬉しいです。

 

メルカリは需要と供給で成り立っているので、自分にとっては不要な物でも、欲しい人がいれば買ってくれます。


なのでリサイクルショップで売却するより、メルカリで売った方が断然お金になります。


しかしメルカリはメルカリで利点もあれば難点もあります。

 
今回は私個人のメルカリとリサイクルショップの使い分けについてお話ししようと思います。


基本的にはまずはメルカリで販売することを考えます。

メルカリでは状態がそこまで悪くなければほとんどの物が売れます。


そんな中どういった物をリサイクルショップで売却するのかというと

 

●メルカリで売るには送料が高いもの

メルカリでは出品者が送料負担というのがほとんどでもちろん私も送料を負担しています。

送料が高くても売る価値のある物、買う価値のある物なら良いのですが高い送料払ってまで売りたい物はないので。

私は基本定形外郵便で発送しているので、それ以外の発送になってしまいそうなものはリサイクルショップに買い取ってもらっています。

 

●梱包が難しいもの
梱包が難しい物も、上記と同じ理由からメルカリでの出品は避けています。

 

●メルカリでは売れなさそうな物

メルカリで出品する前に、同じ商品または似た商品がどれ位の価格で売られているのか?というのをリサーチするために、メルカリ内で検索をかけるのですが、たまに需要が無いのか全然売れていない商品もあります。

そういう商品は出品しても中々売れなさそうなので、メルカリで出品はしないでリサイクルショップで売っちゃいます。


●早く処分してしまいたいとき

メルカリで出品するとなると出品してすぐに売れる物もありますが、売れるまで時間が掛かる物もあります。

部屋をスッキリさせたいから断捨離してメルカリに出品してるのに、売れずに部屋にいつまでも置いてあるというのは本末転倒です。

 


以上の3点です。


リサイクルショップで売却する時は早く処分したいという思いが一番強いので、どんな金額であろうと買い取ってくれるだけで有難いという気持ちです。

 

リサイクルショップよりメルカリの方が高く売れるという利点はありますが、メルカリは人対人のやりとりなので、正直イヤな思いをしたことが何度かあります。(危うくトラブルに発展しそうにもなりました。)

 

今はまだトラブルは起きていませんが、いつ巻き込まれるか分かりません。そんなリスクを背負いつつ、そして出品してやりとりして梱包して発送という流れ。簡単フリマアプリとはいえやっぱり面倒です(笑)

 

早く売り切ってやめたいというのが本音です。ただ断捨離を続けていると売りたいものが次から次へと出てくる(笑)

「もう断捨離するものがないよ!」っていうくらいになるまで部屋に無駄なものをなくして、シンプルライフを送りたいです。

 

それから買い物する時に「これ本当に欲しい?来年メルカリで売ることにならない?」と自問自答するのもオススメ。お金にはなるけどなるべくならやりたくないですからね(笑)