読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make my life

ズボラ女子あんずが素敵女子になるためにアレコレ奮闘する記録。

断捨離の進め方とコツ。

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

今回はあんず的断捨離の進め方とコツについてまとめました。

 

◆断捨離の進め方◆

 

●部屋ごと、コーナーごとに進める

こんまり先生流でいくとこのやり方はNGだそうですが、まだ本を読む前に始めたので私はこの方法でやりました。

でも本を読んだ後でもこんまり先生のやり方だと時間のある人じゃないと難しいし、途中で心が折れそうだなと思ったので、私にはこのやり方があるで合っていたんじゃないかなと思いました。

 

断捨離というと果てしない作業のように感じるけど、今日は寝室、今日はこの棚、などというようにやれば心や体力の負担が少ないです。

 

●一度に終わらせなくてもいい

断捨離は一度に終わらせようとせず、何度でもやっていいと思います。

なぜかというと、1回目の断捨離で捨てられなかったモノが2回目の断捨離では捨てられるようになるからです。

 

1回目の断捨離で迷ったモノも、2回目の断捨離までの間1度も必要としなかったら、『これは必要ないモノなんだな』と納得して処分することが出来ます。

 

◆断捨離のコツ◆

 

●要らないモノではなく、要るモノを考える

『モノを捨てたい病』でもある私は、暇があるとゴミ袋片手に処分するモノはないかと部屋の中をウロついては探す時があるのですが、それだと

『要らないモノばかりにフォーカスして1つ1つのモノと向き合えていない』

『好きなものが分からなくなる』

『モノを大切にする気持ちが欠けてしまう』

ということに気が付きました。

 

なので断捨離をする時は要らないモノではなく要るモノで考えることをオススメします。

 

●思い出の品は写真に撮ってから処分

捨て辛い物ベスト3には入ってる『思い出の品』は写真に撮ってから処分することをオススメします。

写真として残しておけば、罪悪感も減ります。

 

●似ているモノはどちらか処分

モノが多くなると手持ちのモノが把握出来なくなり、気が付けば似たようなアイテムがいくつもある、なんてこともあります。

なので似ているモノはどちらか処分しちゃた方が良いです。結局多用するのはその内のどちらか1つなのでしょうから。

そして断捨離を機に持ち物の把握が出来るようになるので、これからは似たようなアイテムを買うことがなくなります。

 

●今まで存在を忘れていたモノは処分

断捨離をしていて出てきた今まで存在を忘れていたモノは、今まで無くても平気だったのだから必要ないモノ。

なので処分しちゃいましょう。

 

●「今」に焦点を当てて断捨離する

『思い出が詰まっているから』と過去に焦点を当てたり、『今後もしかしたら使うかもしれないから』と未来に焦点を当てたりしないで、『今』必要なのかどうか考えることが大事です。

 

思い出の詰まったものは先ほど書いたように、写真に残してモノは処分。思い出はモノとして残すのではなく、心に残しておくもの。

 

今後使うかもしれないものは、本当に使うか分からないもの。そんなモノのためにスペースを使うことがもったいないです。

もし今後必要になればその時買う、もしくはレンタルすれば良いのです。

 

 

◆まとめ◆

●部屋ごと、コーナーごとに進める

●一度に終わらせなくても良い

 

●要らないモノではなく要るモノを考える

●思い出の品は写真に撮ってから処分

●似ているモノはどちらか処分

●「今」に焦点を当てて断捨離する

 

 

■■■■■

 

とりあえず私はこの方法で断捨離をして、部屋がスッキリしました。

一旦満足したのですが、まだまだ部屋をスッキリさせたいなと思い、今はさらなる断捨離を目論みてます。

これからは断捨離の効果や断捨離後の生活についても更新していきます。