読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make my life

ズボラ女子あんずが素敵女子になるためにアレコレ奮闘する記録。

人生がときめく片付けの魔法

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

今この記事を書いていたら、最後の最後で操作を誤り全消ししてしまいました…。

なのでこの記事書くの2回目(笑)

 

まぁ前ブログからお引越しさせてた記事なので、コピペして直すだけで全て打ち直す訳ではなかったのが救いかな。(と自分に言い聞かせています。)

 

◆◆◆

 

今回は「片付け」といえばこの人!なこんまり先生の本をご紹介させていただきます。

 

こんまり先生の本は私が大分断捨離をして部屋が片付いてきた頃に読みました。私とは多少やり方が違うところもありましたが、参考になることも多かったです。

 

●人生がときめく片付けの魔法

●人生がときめく片付けの魔法2

 

 個人的に参考にしたい部分をピックアップしました。

 

人生がときめく片付けの魔法 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 
一気に片付けると部屋は一気に片付く。


●試験前に部屋を片付けたくなる現象

『部屋を片付けたい』というのではなく、心理的に片付けたい別の何かがある時。


●捨てられないタイプ
モノが元に戻せないタイプ
捨てられないし元に戻せないタイプ


●人が物を捨てられないのは
まだ使えるから(機能的な価値)
有用だから(情報的な価値)
思い入れがあるから(感情的な価値)
手に入りにくい、替えがきかない(希少価値)


●スムーズに捨てるための基本の順番
衣類→本類→書類→小物類→思い出の品


●他人の片付けられないところを指摘したくなるのは、自分の片付けが疎かになっているサイン。


●自分がいらないものを家族にあげるのはやめる。

善意を装いながら自分がモノを捨てる罪悪感をただ人に押し付けていただけ。


『ときめかないけど、捨てられない』モノに対しては一つ一つその本当の役割を教えてあげること。

「買った瞬間ときめかせてくれてありがとう」

「私に合わないタイプの服を教えてくれてありがとう」

 

 

 

人生がときめく片付けの魔法2

 

人生がときめく片づけの魔法2

人生がときめく片づけの魔法2

 

片づけは心を整えることで
掃除は心を清めること。

 

●「ときめき」がわからないときは
モノを比べて選ぶ
心臓に近いアイテムから選ぶ
触るだけではなくギュッとしてみる。

 

●「あるに越したことはない」は禁句中の禁句

ときめかないモノはとりあえず捨てる。

なくてもなんとかなる。


「ときめかないけど必要なモノ」の本当の役割を考える。

「ときめくモノ」扱いをする。

 

●残すと決めた「グレーゾーンのモノ」は堂々ととっておく。

モノを残すか捨てるかの二者択一で残すと決めたモノは大切にする。

 

●素材別収納
布モノ・紙モノ・電気モノ

●9割収納

すき間が出来れば埋めたくなるもの。

 

●収納4原則
たたむ・立てる・集中させる・四角く仕切る

 

f:id:anzu_apricot:20170404131251j:image

 

こんまり先生流の片付け(通称・片付け祭り)は、全てのモノを1つに集めて選別するので、時間がなきゃ難しいかな?という印象。

でも本を読んでいると、確かに効果はありそうだなと思いました。

文章も読みやすいので、少しでも断捨離に興味のある方は読んでみてほしいです。