読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make my life

ズボラ女子あんずが素敵女子になるためにアレコレ奮闘する記録。

Twitterまとめ①結婚と男性アイドル

Twitterまとめ

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

Twitterは140字という限られた文字数で伝えなければならないので、140字を超えてしまった時は、平仮名を漢字にしたり、より短い言い回しに変更したりと、削ったり変更したりの作業をしなきゃいけないことがあるから大変だけど、でも意外とその作業が好きでもあります(笑)

 

ブログなら文字数気にせず書けるし、文字の大きさや色を変えたりカスタマイズ出来るから好きだし、Twitterは文字制限はあるけど、気軽に呟けるのが好きです。

 

昨日はベッドで寝ないで、座椅子で寝てたから疲れが取れなくて朝から怠いです(涙)
ということでブログ書く気分になれないので、Twitterのまとめ記事でも書こうと思います。

 

Twitterではくだらない事から、自分的には「これ結構良い事言ってるんじゃない?」と思わず自画自賛したくなるようなことまで気まぐれに呟いてます(笑)

 

 

↑これはもう本当に、結婚について言われ過ぎて疲れました。

それから私は結婚式は挙げたくなくて、その代わり新婚旅行でお金を使いたい派なのですが、親でも親類でもない人が結婚式挙げろとしつこく言ってくる人がいて、そんなに言うならお前が金出せよと思ってます。(口が悪くてすみません)

 

 

 

↑この歳でそんな若い男性アイドルにハマるなんて…という思いと、この歳までアイドルヲタの楽しさを知らなかったなんて…という2つの気持ちが混在。でもリア友や職場の人には絶対言わない。

私は以前からアニメヲタやアイドルヲタについて特に何も思ってなくて、別に好きなものは人それぞれなんだから良いんじゃない?という気持ちでしたが、ヲタクというものに偏見を持っている人がいるのも事実。そういうのに理解がありそうな人になら別ですが、言わない方が得策かなぁと思っています。

 

 

【読書メモ】田辺誠一さんがお答え!ゆるめの人生相談。

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

今日を乗り切れば明日はお休みなので頑張ります!!

 

今回は先日読んだ本をご紹介したいと思います。

田辺誠一さんがお答え!ゆるめの人生相談。』

  

 

 

この本を読もうと思った理由。

アプリやLINEのスタンプなど一切課金したくない私が唯一課金して購入したのが田辺誠一さんのスタンプでした。田辺さんの描く絵がいい感じにゆるくて好きです(笑)

そんなゆるい絵を描く田辺さんが、人生相談を受けたらどんな回答をするのか非常に興味があったので、この本を読んでみようと思いました。

 

印象に残ったところ。

Q.趣味が合わないイケメンと趣味が合うイケメンじゃない男友達。どっちと付き合った方が幸せですか?

A.広く世の中を見渡してみましょう。そこにはズバリ「趣味が合わない非イケメン」という存在がいるのです。そう考えると「趣味が合わないイケメン」も「趣味が合う非イケメン」もなかなかの好条件です。

心の中に「趣味が合わない非イケメン」を存在させることで、どんな現実も受け入れる強さが持てます。

この回答を見たときは目から鱗な気分でした。なるほどこういう考え方もあるのかと。質問のどちらを選べばよいかという点に関しては答えは出ていませんが(笑)『こういう考え方があるよ』というのを提示されていてすごく良かったなと思いました。

 

Q.人に悩みを相談できません。

 

A.とりあえず気軽な感じでもいいのではないでしょうか。誰かに悩みを相談しても答えまで求めないというか、相手の言葉がヒントになって解決のきっかけとなったり、会話の中で自分が感じたり、発した言葉がヒントになっていたり。話すだけでスッキリする場合もありますし、一人で考えているよりは広がるかと思います。

これは私も全くの同意見です。人に相談しても結局最後に決断して行動するのは自分。もし誰かに言われた通りにして失敗してもその人のせいにしてしまう。人に相談して色んな意見を参考にしたり、考えを深めたりする分には良いけれど、答えを求めるのは違うと思うのです。それによく言われているのが、ほとんどの人は相談する時点で既に答えが自分の中にあるそうです。吐き出すことでスッキリしたり、背中を押してもらいたいだけ。自分が相談する側の時はヒントを得たり、スッキリさせたい時で、自分が相談を受ける側の時はただ相手の言うことに耳を傾けて相槌を打つだけでも良いと思います。

 

感想

タイトル通りゆるい回答もありますが(笑)意外と深い回答もあり、面白かったです。挿絵も田辺さんが描いたものでゆるーいイラストに癒されます。

お財布の整理♡ポイントカードを作る基準

断捨離・掃除・インテリア

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

お財布はお金のお家。

なので綺麗に整理整頓された場所を好みます。

はたから見てもパンパンなお財布やボロボロに傷んだお財布を持っている人はあまりイメージ良くないです。

 

なのでお財布はお気に入りの物を持つようにして、丁寧に扱うようにしています。

それから風水的にお財布2〜3年で買い替えると良いそうですが、頑丈な良いお財布なら2〜3年で傷むこともなくもっと使えるので、お気に入りなら年数を気にせず持っていても良いんじゃないかなと思います。

 

お財布をキレイに使うポイントは

●レシートなど不要なものを溜め込まない

今はコンビニのレジ横に不要なレシートを入れるケースもあるので、私はレシートを受け取ったらすぐにそこへ入れています。

家計簿をつけるから持って帰りたいという方は、財布に溜め込まず別にファイルやノートに挟んでおくのが良いと思います。

(私も一時期家計簿をつけていましたが、続けられなかったのでやめました。)

 

それからレシートと一緒に貰う割引券などは、期限内に使えなさそうならすぐに処分しています。もしかしたら使うかもしれない、と思うなら取っておきますが、定期的にお財布を整理して期限が切れたらすぐに処分します。

 

●お札の向きを揃える。

これは個人的な問題かもしれませんが、お札の向きが揃っていないと気持ち悪いので、絶対にお札は上下裏表揃えて仕舞うようにしています。

 

●ポイントカードは最小限だけ持つ

あっちでもこっちでもポイントカードを作っていたら大変な数になるので、無闇やたらと作らないようにしています。

私のポイントカードを作る時の基準は『有効期限がないor有効期限が最終ご利用日より◯年』『よく利用するお店』という基準を満たしているもの。

ポイントカードを作ったら、そのお店を重点的に行くようにしています。(例えばAとBのドラッグストアがあって、Aのポイントカードを持っていたらAのお店で買い物するようにする)

 

それからレジ前でポイントカードを探すのにアタフタしたくないので、持ち歩くものは必要最小限にしています。

持ち歩いていないポイントカードや診察券などは家にがま口ポーチに入れて保管して、使う予定がある時に、家を出る前などにお財布に入れて持っていきます。

 

たまに急遽買い物に行くことになってポイントカードを持ってきていない、という時や忘れて来てしまうこともあります。

カードケースに入れて持ち歩くことも考えたこともありますが、持ち物を増やしたくないので断念しました。

 

1番の理想は財布に入れて持ち歩ける分だけポイントカードを持つこと。

今一度ポイントカードを見直して断捨離しようと思います。

 

お金持ちになりたい!当たり前のレベルを上げる。

お金に関するマインド

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

たった今このブログを書いていて、あともう少しで書き終えるという所で、謝って全文消してしまいましたorz

 

二度手間ほど面倒なことはないよね!!!

あーまた書くの面倒だけど頑張って書くよ。

これからは小まめに下書き保存しないとダメだな。

それから今まではスマホでブログを書いていたんだけど、初めてパソコンで書いてみます。

 

それでは書き直しスタート!!(笑)

 

◆◆◆

 

以前知人に某ホテル内にあるスパの割引券をいただいたので行ってきました。

そこで気が付いたことは流石ホテルのスパ だけあってお客様のマナー良い!!!そこらの銭湯とは全然違う!

 そりゃ安い銭湯にはたくさんの人が来るだろうけど、ホテルのスパとなりゃそれなりのお値段もするから、それなりのお客様が来るんだろうな、と思いました。

 

それから私がいつも行くスーパーは野菜も魚も肉もなんでも安く、周辺スーパーと比べても格段に安いので、いつも混み合っています。

そのため押し合い圧し合い、子どもが騒いでるし、それを注意しない親。そして安かろう悪かろうなので、野菜などの品質はあまり良くなく、その日の内に使い切るなら良いかなという感じ。正直そのお店に買い物へ行くと疲れます。

だけどたまに他の(品質の良いものがある)スーパーへ行くと、いつも行くスーパーと比べて静かだし、ゆっくり見て回れます。野菜なども品質の良いものが多いので、やはり値段もそれなりにします。

 

本当は後者のスーパーでいつも買い物したいけど、経済的なことを考えると普段は前者のスーパーで買い物することが多い私。

 

大衆浴場よりホテルのスパの方が民度は高いし

激安スーパーより高級スーパーの方が民度は高いし

アウトレットよりも正規店の方が民度は高い。

あそこのスーパーはマナーの悪い客が多い!などと言った所で利用してる内は同じ土俵にいて、同じレベルということ。

 

メルカリも同じ。「メルカリにはクズが多い」ってよく言われているけれど、メルカリで出品すればリサイクルショップよりは高く売れるし、購入者側も正規店で購入するより安く買える。そんなちょっとしたお小遣い稼ぎor節約を目的とした人が多いから民度が低いんだろうなと思います。

 

もちろん先ほどの銭湯や激安スーパー、メルカリにもマナーの良い人はいます。だけどそれでも民度が低い人が多いということは、貧困が諸悪の根源としか思えません。

 

だからお金持ちになりたい。

お金持ちになってスパや高級スーパー、正規店を利用するのが当たり前になるくらい稼ぎたい。

銭湯や激安スーパーでマナーの悪い客に対するイライラだって、お金持ちになってスパや高級スーパーが当たり前になれば解決すること。

お金で解決出来ることはお金で解決したい。

【映画メモ】金メダル男

映画

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

4/12発売&レンタル開始

『金メダル男』観ました。

『金メダル男』はウッチャンナンチャン内村光良ウッチャン)が脚本、監督そしてHey!Say!JUMPの知念侑李くんと共に主演を務めた作品です。

 

●観ようと思ったキッカケ

●あらすじ

●印象的なシーン

●感想

 

◆観ようと思ったキッカケ

それはもう単純に私が知念くんを好きだからです。

 

◆あらすじwikipediaより)

東京オリンピックに沸いた1964年に長野県塩尻市に生まれた秋田泉一は、小学生の時に運動会の徒競走で一等賞に輝いたことがきっかけで、一番になることの幸福感にとりつかれる。それ以来、ありとあらゆるジャンルで一等賞を獲り始めるが、中学に入ってからはすっかり一等賞から見放されてしまう。

 

◆印象的なシーン

知念くん好きの私は、前半の知念くんのシーンは全て好きです。なので知念くんのシーンは語ると長くなるので、ピックアップして少しだけ…(笑)

1番好きなのが土屋太鳳ちゃんとの鳥ダンスシーン。ここの知念くんのダンスと表情がすごく色っぽくて好きです。

f:id:anzu_apricot:20170420105635j:imagef:id:anzu_apricot:20170420105643j:imagef:id:anzu_apricot:20170420105704j:imagef:id:anzu_apricot:20170420105715j:image

バレー部の友達と踊っていたり、劇団・和洋折衷のレッスンで踊るシーンがあるのですが、やはりダンスの上手さが際立っていて流石!!!

 

シュールで笑ってしまったのが、ジャニーズ事務所に所属している知念くんが、ジャニーズのオーディションに落ちるシーン(笑) f:id:anzu_apricot:20170420105740j:imagef:id:anzu_apricot:20170420105748j:image

 

知念くん以外だと、ムロツヨシさんがすごく良かったです(笑)女装姿が意外と可愛いと思ってしまった(笑) f:id:anzu_apricot:20170420105809j:imagef:id:anzu_apricot:20170420105816j:image

 

秋田泉一の両親役平泉成さんと宮崎美子さんは20代から70代までを演じていて、メイクさんのお陰もあると思いますが、お見事!!という感じでした。

f:id:anzu_apricot:20170420105848j:imagef:id:anzu_apricot:20170420105901j:image

それと秋田泉一はずっと反抗期もなく、両親と良い関係が築けてるのが良かったなと思いました。お父さんは放浪癖があるのですが、ある日泉一に「じゃあ、行ってくるな」と手紙を渡し、泉一も「行ってらっしゃい!」と快く見送るシーンがあるのですが、泉一が色んなことに挑戦出来るのは、このお父さんの自由さがあるからではないかなぁと。それから上京する時や海外へ行くという時にお母さんが「思った通りに生きなさい。あんたには何かある。母さんそう信じてる。」と泉一に言うのですが、こうやって子どもを信じて好きにやらせてくれるのも、泉一が自由に好きなことをやれる要因ではないかなぁと思いました。

 

◆感想

正直この映画は知念くんじゃなかったら観ていなかったです。ウッチャンファンもしくは知念くんファンは楽しく観れると思いますが、ファン以外の方はこの映画を観てどんな感想を抱くのかは分かりません。(私は知念くんが好きなので、冷静な評価が出来ません。)知念くんファンの私が観ると、色んな知念くんが見られるのでとても良かったです。でも正直面白かったのは内村さんの無人島のシーンまで。あらゆることで一等賞を目指してきた男が、無人島でそれまでやってきたことを生かして生き延びる、という集大成という感じで、それ以降はダラダラとした印象でした。

とにかく出演者が豪華!出てくる人出てくる人みんなが豪華です!!

過去に戻れるなら何歳の頃に戻りたい?

ハッピーマインド

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 

 

『もし過去に戻れるなら、やり直すなら、何歳の頃に戻りたい?』

『何歳の頃が人生で一番楽しかった?』

という話題になることありませんか?

もしくは考えてしまうことありませんか?

 
私は高校卒業後、違う学校に進学して今と違う職業に就いた方が良かったのでは?ということを、仕事がイヤになると度々考えてしまいます。


だけど行き着く結論はいつも同じ。

これで良かったんだ。


だって高校卒業後違う学校に進学して、今と違う職業に就くってことは、高校卒業後以降に出会った人には多分出会えない。


たくさんの辛い事、悲しい事、悔しかった事、楽しかった事、嬉しかったこと

今までしてきたたくさんの経験も無いことになってしまう。

 

いっぱい失敗もしてきたけどそれが今の私を作ってる。

 

私は自己評価が低くて、何も出来ない自分に何の価値も見出せないけど、今まで出会ったたくさんの素敵な人達や経験は確かに今の私の財産となっています。

 

やり直したいとは思うけど過去には戻れない。だから今ここから頑張るしかない。

 それにあの頃が一番良かったなんて考えたって、あの頃はもう戻ってこない。


だから今を楽しく生きるしかない。

今が一番最高!

そう思える日を自分で作っていかなきゃだし、『今が一番最高』を積み重ねていきたい。


そんな風に私は思います。

 

私は自己評価が低くて『違う自分になりたい願望』がずっとありました。


だけど今の私があって、今のこの環境、人間関係があるのでは?


今私の周りにいる友達や彼は、今の私と付き合ってくれている。


もし私が今の私じゃなくて、私が理想としている人物だったら今の友達や彼は私と付き合ってくれていたのかな?

 

そう考えたら今の私でいいんだって思えました。

 

写真(データ)の整理方法

断捨離・掃除・インテリア

 

素敵女子に憧れてアレコレ奮闘中のズボラ女子あんずです。

 
先日写真の整理をしたので備忘録として、こちらの記事を書かせていただきます。


◆◆◆


iphone、デジカメの写真選別

旅行に行ったり、遠出すると。1つのものに対して何枚も撮ったり、角度を変えて撮ったりするので、放っておくとカメラロールが大変なことになります。

(その上私は旅行へ行くと、デジカメでもiphoneでも同じ写真を撮るので、膨大な量になります。)

なのでベストショットを1つ選び、オリジナルと加工したもの1つずつにします。

それからたまに「何でこんなの撮ったんだろう?」という写真もあるので、そういった写真も削除します。

選別に迷った時は「この写真はプリントアウトしたいほどの写真か?」ということを考えてみると良いです。


そしてこの作業は普段から小まめにやっておくと後が楽です。(私は溜めてしまうので毎回大変な思いをする。)

旅行で滅多に行けないような場所へ行くと「もう2度と来れないかもしれない」って考えちゃってたくさん写真に残そうとしちゃいますよね(笑)

 

②PCに移動

①で選別した写真をPCに移動させます。

PCに移動させた後はiphoneの写真は消します。

 

③フォルダに分ける

まずは年別のフォルダを作ります。

そしてその中にさらに「◯月◯日◯◯」というように、日付と場所の名前のフォルダを作り、そこに写真を振り分けます。

その日1枚しかない写真やフォルダに分けづらい写真はまとめフォルダを作って、そこに振り分けてます。


ちなみに断捨離で処分することにした物を、処分前に写真に撮った物のフォルダもあります(笑)

断捨離するか悩んだものや、処分しにくい思い出の品なども写真に撮れば断捨離出来ちゃいます。


◆◆◆

 

かなり個人的なやり方なので参考になるかは分かりませんが、備忘録として書かせていただきました。

 

旅行記の作り方についてはこちらの記事

anzu-apricot.hatenablog.com

 

それから今後の課題はプリントアウトした膨大な写真の整理をすること。まだプリントアウトする前のデータなら罪悪感なく断捨離出来るけど、プリントアウトされたモノを断捨離するのは心苦しいだろうな〜(汗)