Make my life

【ズボラ女子がシンプルライフを目指すブログ】断捨離してモノを減らすだけではなく、精神的なことや行動もムダを省きたい。

パジャマや部屋着の断捨離

 

 

上記の通り、先日夏用のパジャマを処分したのですが、これをキッカケにパジャマと部屋着の見直しをすることにしました。

 

それまでのパジャマと部屋着の数

パジャマ→夏用2着、冬用2着

スウェット(下のみ)→2着

リラコ→2着

 

スウェットとリラコ1着ずつ処分しました。

 

パジャマに関しては今悩み中で、冬用パジャマを処分して年中夏用パジャマでもいいかも?と思い始めました。

冬はストーブ点けてるし、着る毛布を着ているので、冬用パジャマじゃなくてもいいかも?

 

いきなり処分するのは不安なので、今時期は本来ならもう冬用パジャマを着ていますが、取り敢えず冬用パジャマは使用しないで、まだ夏用パジャマを着て寝ています。

 

冬でも夏用パジャマで大丈夫と思えるようになったら、冬用パジャマは処分して、パジャマの総数を2着にしたいと思います!

 

 

 

最近の断捨離の記録と今後の課題は「断」!

 

下書きに記事が溜まっているので消化せねば!なのにまた新たに書きたい記事が出てきたので、そちらを優先して書いてます(笑)

 

書きたい記事は書きたいときに書いた方が熱量があっていいよね!と自分に甘いです。

 

今回は最近の断捨離の記録と今後の課題についてです。

 

 

 

過去のブログ記事読み返したらバッグも靴も総数が減って

バッグ9個→6個

靴10足→7足

になりました。

 

内訳

バッグ 6個

ショルダーバッグ 1個

トートバッグ 2個(仕事用、旅行用)

リュック 2個

お葬式用 1個

 

靴 7足

スニーカー 3足

パンプス 1足

ブーツ 2足

サンダル 1足

※スニーカーは今後1足減して2足にする予定。

 

 

 

スカートの断捨離をして3着になりました。

3着とも色・形がベーシックなものなので、この3着をベースに、流行りモノはプチプラで1着までなら増やしてもいいことに。(なのでその1着を処分したらまた新たに買えるルールなので、基本スカートは3着〜4着まで)

 

 

 

 

 

洋服に関してはある程度の断捨離の「捨」は終わり、今は数を増やさないように、1着買ったら1着処分するようにしています。

 

今年は洋服での失敗が多かったので、この失敗を学びに変えて、今後買い物での失敗をなくしたいです。

 

それから私は童顔なので「年相応」に見られるように、子どもっぽく見える洋服を避けるようにしています。今手持ちの服でそういった服は手放して、今後買う服も大人っぽいアイテムを選ぶようにしています。

 

これからの私の課題は断捨離の「断」!!

物欲との戦いと買い物に失敗しないようにすることが、今の私の目標です。

 

お気に入り♡GUのスウェットシャツ(メンズ)

 

先日久しぶりにGUでお買い物してきました。

 

 

上記のスクエアトゥフレアパンプと、そしてももう1つ購入したのはスウェットシャツ(メンズ)

 

GUのスウェットは私のすごくお気に入りでもう何度も購入しています(笑)

私的にスウェットはゆるっと着たいのでメンズを買っています。

今持っているのは

白→Lサイズ

黒→Mサイズ

グレー→Sサイズ

の3種類ですが、今回黒を購入したのでグレーは処分する予定です。

f:id:anzu_apricot:20180915143259j:image

f:id:anzu_apricot:20180915143302j:image

f:id:anzu_apricot:20180915143321j:image

 

秋冬はこのスウェットをかなりヘビロテして着ているので、2年目にもなると毛玉でくたびれてくるので、買い直してます(笑)

 

値段も990円+税でとっても安い!!!

 

◆◆◆

 

秋冬のファッションとお買い物計画〜

 

 

 

 

 

 

 

それと前回冬の終わりに新しく買うつもりでストールを処分したので、ストールも買わないと。

 

北海道胆振東部地震を経験して。


※今後この出来事を忘れないように、自分用の備忘録として書きました。

2018年9月6日 AM3:06頃
北海道胆振東部を震源地とした地震が発生しました。

ここでこんなに揺れたということは、どこかで大きな地震が来たのだろうと思い、すぐにネットを見ると胆振地方で震度6強地震があったことを知りました。(最初は震度6強と報道されていたけれど、後に震度7あったことが報道された)

地震の起きた直後暗い部屋が更に暗くなり、停電になったのだと即座に気付きました。
街頭も家電の電源も何も点いていないと本当に真っ暗で静かでした。そしてTwitterでも話題になっていたけれど、星がキレイでした。
「まぁ朝になれば電気は復旧してるだろうな」
その時はまだ呑気に考えていました。

朝起きてもまだ停電は続いていました。

とりあえず水は出るようだったので、シャワーを浴びようと思ってお風呂場に行って蛇口を捻ったけれど、お湯は出ないので水でシャワーを浴びました。(給湯器は電気だからそりゃお湯出ないよな、と後から気づく)

 

そして家族に連絡をとり、みんなの無事を確認出来て一安心。

 

 

 

先に仕事へ行った彼氏から「信号機が点いてないから気を付けて」との電話が。

停電しているなら仕事にならないだろうから今日は休みだろうと思ってダラダラしていたけれど、職場の人から「職場付近は電気が復旧しているから上司がとりあえず出勤してと言っている」という電話が。

慌てて支度をして家を出たけれど、本当にどこもかしこも信号が点いていなくて、警戒しながら運転をしました。(だけどいつもの出勤時より車が少なくて運転しやすかった)

 

出勤途中また彼氏から電話が来て「断水するらしいから湯船に水を溜めて欲しい」と言われたけれど、家を出たからもうムリでした。

 

職場付近は本当に電気が復旧していて、職場近くの信号も点いてたし、職場も普通に電気が使える状況でした。

 

だけど仕事をしているより、早く家に帰って湯船に水を溜めたかったし、他にも色々準備をしたくて、仕事なんかしてる場合じゃないだろとイライラしました。

 

職場では色んな噂が飛び交っていました。

スーパーに1時間以上並んだけど水が買えなかった。

開いてるガソリンスタンドが長蛇の列。

あの地域は電気が復旧したらしい。etc

 

仕事を終えて帰宅後

炊飯器が使えないので彼氏が鍋でご飯を炊いてくれました。おにぎりを作ったり、水を溜めたりといった準備をしました。

 

テレビは見れないし、ネットもWi-Fiが繋がらない状態だし充電を消耗させたくないので、あまり使えないという状況だとすっごくヒマでした。

 

本当はこの日やろうと思っていた洗濯も出来ないし、あと2日分のパンツしかなくて焦りました。(今後は洗濯物溜めないようにしようと誓った)

 

日が落ちる頃もう一度家族に電話。そして震源地から割と近い地域で一人暮らしをしているおばあちゃんにも電話(先日亡くなったおばあちゃんとは別)無事を確認出来ました。

 

夜も暗くてすることないので20時頃就寝。

 

2018年9月7日

前の日早く寝たので4時に起床。

スマホの充電もあと僅かなのでアラームもかけられないので、怖くて二度寝も出来なかった。

電気がまだ復旧していなかったのでまた水でシャワーを浴びました。

7時頃電気が復旧。(電気が復旧してからシャワー浴びれば良かったと後悔 笑)

 

そしてこの日も当たり前に通常通り仕事。職場までの通勤経路の信号もほぼ復旧(1ヶ所だけ謎に点いていない信号機があった)

職場の人の中にはまだ電気が復旧していないという人もいた。

 

 

2018年9月8日

朝仕事前にいつも行くスーパーへ。

停電の影響で冷凍食品が一切なかった。その他にも商品が全くない棚がいくつかあった。

 

ほぼ元どおりの日常に戻ったように思いました。

 

◆◆◆

 

多分今まで日本各地でいろんな災害があったけれど、正直北海道の人は「自分たちは大丈夫」と他人事のように思っていた部分があると思う。(私も含めて)

 

なので災害に備えた準備をしていた人が少ないから、震災直後のスーパーが大変なことになったのではないかと。

 

今回のことを教訓に、ちゃんと災害に備えた準備をしようと思いました。

 

それから洗濯物は溜めない!

 

24時間以上停電状態で、冷凍庫はほぼ無事でしたが冷蔵庫は少し温くなりました。

冷凍庫はモノでパンパンにしておいた方が良いけれど、冷蔵庫はなるべく在庫しないようにしようと思いました。

今回はほとんど大丈夫でしたが、冷蔵庫のモノがダメになったらその後の食材の処分にも困るだろうなと、そのことばかりが心配でした。

 

 

 

 

計画断水とかこれから◯時間後にケータイが使えなくなる、とか色んなデマがあって、情報の取捨選択が必要だと改めて思いました。

 

 

私の遺体は海に投げ入れて。

 

先日大好きなおばあちゃんが亡くなりました。

 

今回おばあちゃんが亡くなったのはすごく悲しかったのですが、普段会わない親戚とかに会えたのは楽しかったなぁと。(私は母方の親戚も大好きなので)

 

私は死んだ後まで周りの人に迷惑を掛けたくないので、「お葬式も何もしなくていい、遺体も海に投げ入れてくれればそれでいい。」ということをよく家族に言っていたのですが、お葬式って亡くなった本人のためというよりは、残された側(家族や親戚、友達など)のためでもあるんだろうなと思いました。(もちろん亡くなった本人のためであるのは大前提として!)

 

◆◆◆

 

今年の24時間テレビの中でやっていたドラマ『石ノ森章太郎物語』の録画を観たのですが、その中で‪「愛されてる人は愛を返している人だよ」‬という言葉があります。

 

正直最初はこのセリフがよく分からなく(意味は分かるけれど理解は出来なかった)、特に何も思っていなかったのですが、今回の葬儀の時に今までのおばあちゃんとの思い出を振り返っていたら、これは私とおばあちゃんのような関係の言葉なのかな?と急に腑に落ちました。

 

私はおばあちゃんが大好きだったし、おばあちゃんも私のことが大好きでした。

人は自分のことを好いてくれている人のことは大切に想うし、さらに好きになります。

愛の連鎖みたいなものかな?

 

 

f:id:anzu_apricot:20180905211449j:image

 

 

 

 

※ちなみに遺体を海に投げ入れるのは死体遺棄か何かになるので、犯罪になります。

 

 

彼氏との断捨離騒動②

 

こんにちは。

最近はやりたいこと、やらなきゃいけないことをバランス良く出来てて、充実しています!

 

意識しているのが、やらなきゃいけないことはさっさと終わらせる。

 

当たり前のことではあるのですが、その当たり前が私は出来ていなかったので、とにかく今は意識的に、やるべきことは早く手をつけてしまう→手をつけてしまえば後はやり終えるだけ、という感じで、最初の1歩のフットワークを軽くすることが大事だと思いました!

 

◆◆◆

 

さて、先日の彼氏との断捨離騒動の続編です。

 

彼氏との断捨離騒動① - Make my life

 

机の処分とタンスの購入が完了しました!

タンスはまだ届いてないのですが、届き次第服を収納して、今はボックスを使って押入れに収納されている状態なので、押入れを整理して押入れを有効活用させたいです。

 

正直、机の処分は直前になってやっぱりやめようか、なんて思ったりもしちゃいましたが、心を鬼にして処分しました!!

 

◆◆◆

 

それから先日細々したモノの断捨離をしたのですが、1番厄介だったのが書類などの紙モノ

 

定期的に見直さないと溜まる一方だな〜と。

 

 

 

 

 

彼氏との断捨離騒動①

 

先日一緒に住んでいる彼氏と断捨離騒動がありました。

 

 

今現在彼の服はタンスではなく、収納ボックスを使って押入れに収納。

f:id:anzu_apricot:20180814075605j:image

※一応ボカしておきます(笑)

 

彼曰く「ここは俺のスペースなんだからほっといてくれ」とのことですが、着た服着ていない服が無秩序に混在しているし、目に見える場所がこんなに雑多な雰囲気になっていることに私は耐えられないのです。

 

同じような服、着てない服、着れない服が沢山あるので断捨離してもらいたいと思い、休みの日の朝断捨離祭りをしてもらおうと思ったのですが、彼の機嫌を損ねてしまい失敗に終わりました。

 

そこで私は今のこの収納方法が良くないのではないか?という考えに至り、彼氏用のタンスを購入することに決めました。

 

タンスを買うならタンスに入る分だけの服の量にする、という話は以前から彼氏としていました。

そしてタンスの中ならどんなにごちゃごちゃになっていようと、見える場所じゃないので私も気にならなくなるかなぁと。

 

そこで!彼氏のタンスを購入するとなると出てくるのがタンスの置き場所問題。

 

なので私は以前から処分するか悩んでいた机を処分して、そこに彼氏のタンスを置けるようにしようと思いました。

 

机を処分するために私もさらに断捨離を進めます!!

 

机を処分するための断捨離

机の処分

タンス購入

タンスに彼の服を収納

収納をタンスに変えたことによる変化

 

これを目標にやっていきます。